レンタルサーバー比較

エックスサーバーのおすすめポイント

  1. ディスク容量200G、転送量1日50Gと大容量、ドメインは無制限!
  2. MySQLが30個まで利用可能、複数のWordPressサイトに最適!
  3. 電話サーポートが付いているので初心者にも安心!
  4. 国内最速232Gのバックボーンでサイトへの接続が快適!
  5. 安定した稼働率と信頼感で法人向けレンタルサーバーとしても人気!

エックスサーバーのここがスゴイ!

エックスサーバー(X10)
月額料金 1,000円
初期費用 3,000円
ディスク容量 200GB
転送量 50G/日
MySQL設置数 MySQL5:30個
マルチドメイン 無制限
サポート体制 電話サポート
メールサポート
お試し無料期間 10日間
おすすめ度 ★★★★★

大容量でMySQLが30個まで利用可能

エックスサーバー(X10)は、月額料金が1,000円ということで、ロリポップやミニバードのような激安のレンタルサーバーと比べると、料金が高いと感じる人もいるのかも知れませんが、 サーバー容量が100G、転送量50G/日でマルチドメインが無制限、MySQLが30個も使えますので、正直、20~30サイトぐらいであれば1契約で十分賄うことができます。

激安レンタルサーバーの場合、サイト数が増えるとどうしても重くなってしまう可能性がありますが、エックスサーバーはバックボーンも太く安定していますので、一日数千PVぐらいのサイトであれば複数運営でも全然大丈夫です。

私自身、当サイトも含め15個ほどのWordPressサイトでエックスサーバーを利用していますが、MySQLを1サイト1個割り当てれば、サイトが重くなることもありません。転送量も50G/日と十分ですので、トータルで月1000万PVぐらいであれば上限に達することもないでしょう。ただ、短時間にアクセスが集中した場合は、エックスサーバーと言えども一時的にパフォーマンスが落ちる可能性がありますので、人気サイトを運営している場合には、上位プランへプラン変更したりX2サーバーを利用するのが良いと思います。

»エックスサーバーの使い方

他社レンタルサーバーと比較

さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ(スタンダード)は、安定感と信頼度がある有名なレンタルサーバーです。月額料金が500円と安い割にスペックが高いので人気があります。ディスク容量やMySQLの数、マルチドメインの数ではエックスサーバーの方が上回っていますが、そんなに沢山のサイトを運営しないという方や、アクセス数が少ないという場合には、さくらのレンタルサーバがおすすめです。

ファイアバード

ファイアバードもさくらのレンタルサーバと同価格帯の月額500円となっています。ディスク容量は50Gとエックスサーバーよりも劣りますが、スペックは高めですので、さくらのレンタルサーバでは容量が足りないけど、料金は安く抑えたいという場合には、ファイアバードがおすすめです。

ロリポップ

ロリポップ(ロリポプラン)は、月額250円の激安レンタルサーバーです。この価格ながらマルチドメイン対応で容量も十分ですので、複数サイト運営が可能です。ただ、MySQLが1つしか利用できませんので、沢山のWordPressをインストールするような場合には、チカッパプランを利用するか、他のレンタルサーバーを使うのが良いと思います。

»他社レンタルサーバーとの比較

WordPressやMovable Typeの自動インストール

エックスサーバーには、 WordPressやMovable Type、Xoopsなどのプログラムの自動インストール機能が付いていますので、Webにあまり詳しくない人でも比較的簡単に導入することができます。当然サポート外となりますので、使い方やトラブルの際の解決方法は自分で見つけないと行けませんが、WordPressであれば使い方を解説しているサイトが沢山ありますので、分からなくなったらYahooやGoogleで検索すればOKです。

最近のレンタルサーバーはCMSの需要に伴って、どのサーバーも自動インストール機能が付いていますので、エックスサーバーだけの特別な機能ではないのですが、ここまで多くのプログラムの自動インストール機能が付いているサーバーはあまりないのかも知れません。

»エックスサーバーで自動インストール出来るCMSやプログラム

このページの先頭へ